COVALにこだわる理由は何でしょうか?

 日本語による情報の少ないCOVALの公式サイトを日本語訳(意訳含む)と若干の解説を行うことによって情報を抽出する試みです。個人の理解なので、誤訳等あるかと思いますので、よければご指摘ください、今回は、mediumのWhy do I care about Emblem Vault?です。

本記事の要点

  1. 現在の暗号通貨の世界では、1つのトランザクションで複数通貨を同時に取引することができない
  2. COVAL(とEmblem Vault)は上記の課題に対するソリューションである

なぜEmblem Vaultにこだわるのか?

 この文章は要約であり、なぜ私たちがなすことが大きなディールだと考えるのか不思議に思う人のためのものです。

なぜ「Emblem Vault」が重要なのか?何が大きな問題なのか?

 暗号通貨の世界では、「お金」(人間同士が価値を交換するために合意した方法[I]貨幣の三大機能である「価値交換の機能」ですね)の概念が、中央集権的な政府によって管理されていた非常に限られた通貨から解き放たれ、無限の可能性を有するようになりました。

 長年にわたり数多くの人々が、「お金を人々の手に取り戻す」、「国を超えてお金を交換する際の障壁を取り除く」といった意味で、暗号(従来のようないわゆる「暗号」ではなく「暗号通貨」という意味で「暗号」と言います)を説明してきました。暗号空間は、当事者間の交換に無限の可能性をもたらします。それはまるで、バナナを鶏と交換したり、納屋を建てる行為を馬と交換したりするような、ある意味では物々交換の時代に戻ったかのようです(最近、「大草原の小さな家」を見ていたせいかもしれませんが・・・)。

 しかし、物々交換の空間の問題と暗号の空間の問題は同じです。(2者の)取引の当事者はどうすれば迅速かつ効率的に、バナナが鶏1羽に何本の価値があるのか、納屋の作業が馬1頭に何時間の価値があるのか、あるいは鶏1羽と納屋の作業時間が馬1頭に何時間の価値があるのかを交渉できるのでしょうか?また、暗号の世界で「複合」トークンを誰かに渡すにはどうしたらいいのでしょうか。つまり、私が持っているBTCの一部と、私が持っているETHの一部と、私が持っているDAIの一部と、私が持っているTRXの一部を1回の取引に使うということです。

 現在のところ、それはできません。暗号の世界では、1回の取引で複数のブロックチェーンのコインやトークンを交換することができるエレガントな方法がありません。代わりに、BTCを送金し、ETHを送金し、DAIを送金し、TRXを送金しなければなりません(しかも、4つの異なるアドレスに送金を行う必要があります)。

 暗号空間に欠けているのは、複数のコインやトークンを組み合わせて、単一の「価値のあるもの」として交換するためのシンプルな方法ではないでしょうか?

価値交換の手段を改革する

 ここで、私たちのCOVAL(Circuits of Value)が登場します。Emblem Vaultは、COVALのサンドボックスから生まれた製品で、暗号は普遍的であるべきだというCOVALの理想から生まれました。Emblem Vaultを使えば、誰でも、どこでも、異なるブロックチェーン上の通貨を1つの「価値の貯蔵庫(Vault)」にまとめ、その「価値の貯蔵庫」を、個々のコイン及びトークンが請求(claims)されて使用できるようになるまで、一度も動かすことなく取引することができます。

そのプロセスは次のようなものです。

  • 金庫を作る
  • そこにコインを入れる。ビットコイン、エーテル、ERC20トークン、ERC721トークンなど、あらゆる組み合わせが可能です。
  • その全ての組み合わせを、好きな人に、好きな回数だけ、1回のTxとして送ります。
  • 現在の所有者は金庫を「請求」し、含まれているすべての種類のコイン及びトークンの秘密鍵を受け取り、それをあらゆる暗号ウォレットにインポートして使うことができます。

このプロセスをご自身で試してみてください。さぁ、emblem.financeにアクセスして作成してみましょう!

 

あなたは今日、どんなものを作りますか?

 

原文リンク

https://emblem-vault.medium.com/why-do-i-care-about-emblem-vault-9f7f6f00952f

References

I 貨幣の三大機能である「価値交換の機能」ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA