Circuits of Value 2021 アップデート

 日本語による情報の少ないCOVALの公式サイトを日本語訳(意訳含む)と若干の解説を行うことによって情報を抽出する試みです。個人の理解なので、誤訳等あるかと思いますので、よければご指摘ください、今回は、mediumのCircuits of Value : 2021 Updatesです。

本記事の要点

  1. Emblem Vaultの機能のバックボーンについて、中央集権型のプラットフォーマーから分散型に移行中であること。
  2. 2Qに、①BSCへの対応、②ステーキングサービスの詳細、③Fuelの詳細が判明すること。
  3. マーケティングを積極的に行っていること。

現在取り組んでいること

 私たちはロードマップのほとんどの項目に並行して取り組んでおり、これらのマイルストーンは次々に成果となることでしょう。現在の取り組みは、インフラストラクチャの完全な分散化に重点を置いています。フロントエンドをIPFS[I]InterPlanetary File System。中央集権型であるHTTPの代替を狙い、非中央集権化を目指す技術ですでホスティングするUnstoppable domain[II]IPFSを用いた分散型のドメインですに挑戦しています。現在、Vaultのコンテンツは、Maticvigil、Etherscan、blockchain.infoなどのブロックチェーンエクスプローラーへの直接的なAPIコールを使用して計算されています。今のところはこれで問題ありませんが、今後はこれらの呼び出しにChainlinkを使用するように移行する予定です。この移行には2つの理由があります。Chainlinkを介して残高を提供することで、他のスマートコントラクトがVaultの内容と価値を計算することができること、この機能をオンチェーンに配置することで、このデータのためにグーグルクラウドのようなホスティングプラットフォームに頼る必要がなくなることの2点です(より分散化が進むことになります)。

今後の予定

Q1

  • Quickswap(Matic/Polygon Uniswapクローン)LPイベント
  • Tor.usのEmblem Vaultへの統合(ソーシャルメディアのログインを使用したVaultの直接送信が可能になります)

Q2

  • Binance Smart Chain (Emblem VaultはどんなEVMチェーンにも素早く簡単に対応できます)
  • Emblem Vault ステーキング(内容する価値に基づき、Vaultはステーキング報酬を得られるようになります)
  • Emblem Fuel Defi token

Q3

  • シークレット契約の合意
  • NFT to NET Swap

ゲームについて


 2021年2月にロールアウトを予定。ソーシャルメディアゲーム、トップコミュニティリーダー、トップミームコンテストなど実施、確保すること[III]マーケティングの一種として、ユーザー間のインフルエンサーコンテストを実施することを指しているようです。

パートナーシップについて

Dark、Deflect、Prism

 いくつかのDeFiイールドファーミングを行うことで、私たちは、ステークキングとイールドファーミングプールに参加したCOVALホルダーから価値ある結果を得ることができました。この情報をもとに、より良いステーキングの組み合わせを決定し、COVALのエコシステムとパートナーの両方に利益をもたらすバランスのとれた経済モデルを提供していきます。

マーケットプレイスについて

Opensea Layer 2

 私たちはMatic/Polygon上でOpenseaが認証できるようにするための手続きを完了しました。

Dark.build.

 私たちはこのチームと緊密に協力して、NFTではまだ見られないエキサイティングな機能を実装していきます。このデータを含めることができる資産により、ユーザーは3D NFT、インタラクティブNFT、音楽NFTを作成することができます。

マーケティングについて

 何人かのyoutuberが間もなく、COVALとEmblem Vaultについてのストーリーを特集する予定です。AMAの私たちの目標は、少なくとも月に1回のAMAに参加することです。これらのAMAは、テレグラム取引グループ、Discordグループ、クラブハウス内で行われます。

コミュニティについて

コミュニティ提案箱

 コミュニティのメンバーが投票したり、新機能や対応すべきチェーンを提案したりすることができるコミュニティ提案箱(詳細は未定)をリリースする予定です。

ACOP (Asian Community Outreach Program)

 アジアのコミュニティリーダーからのサポートを受けて、翻訳やアウトリーチを含む、より焦点を絞ったアプローチを行っていきます。

ガバナンス

 ガバナンスは現在ホットなトピックであり、私たちは潜在的なガバナンス機能をユーザーに与えるべく手段を模索中です。

募金について

 Emblem Vaultは、特定のルールに基づいて転送し、利用することができるウォレットに資金を収集する方法として設計されました。私たちは、マーケティング・プロモーション・取引所へのリスティングのため、いくつかのコレクションキャンペーンを開始します。詳細については管理者にお尋ねください。 
 また、さらなる開発とマーケティングに資金を供給するために、シークレットネットワーク助成金プログラムに応募して$1Mを求めています。

原文リンク

https://emblem-vault.medium.com/circuits-of-value-2021-updates-8914c6e530fa

 

References

I InterPlanetary File System。中央集権型であるHTTPの代替を狙い、非中央集権化を目指す技術です
II IPFSを用いた分散型のドメインです
III マーケティングの一種として、ユーザー間のインフルエンサーコンテストを実施することを指しているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA