用語集

2018年5月15日



オフチェーン(off-chain)

概略

本来、暗号通貨はブロックチェーン上で取引を行うものだが、これをブロックチェーンの外で行うもの。つまり、通常のブロックチェーン上で取引が行われるものはオンチェーンに分類される。

分類

オフチェーン方式による実装には、中央集権型と非中央集権型が認められる。

  • 中央集権型は、取引所内における送金取引などが該当し、bitFlyerのbitwareなどが好例。
  • 非中央集権型は、bitcoinにおけるライトニングネットワーク、Ethereumのライデンネットワークなどが好例。


承認アルゴリズム(Consensus algorithm)

概略

ブロックチェーン上の取引を承認する方法のこと。つまり、取引の正確性、正規性の検証方法のこと。

分類

PoW(Proof of Work)、PoS(Proof of Stakes)等、承認権限者の決定手法により複数の形が認められる。

  • PoW(Proof of Work)は、Bitcoinのマイニング(採掘)などが該当し、使用電力量≒利用計算量を多く利用し、提示される問題の最初の正答者に承認権限を与える形。
  • PoS(Proof of Stakes)は、NEOのミンティング(鋳造)などが該当し、提示される問題の最初の正答者に承認権限を与える形であることは変わらないものの、通貨所有量に応じて問題の難易度が推移する形。

用語集

Posted by miakarirenri