COVAL公式サイト和訳⓵COVAL Overview

2018年5月19日

 日本語による情報の少ないCOVALの公式サイトを日本語訳(意訳含む)していくことによって情報を抽出していこうと思います。個人の理解なので、誤訳等あるかと思いますので、よければご指摘ください。第一回目は、COVALプラットフォームの概要説明を行っているCOVAL  Overviewからです。

本記事の要点

  • COVAL Platformはオフチェーン方式による(Bitcoinブロックチェーンなどのサイドチェーンとして)価値の移動を主目的とするプラットフォームで、Emblemはそのウォレット。
  • Emblemという名のウォレットを用いて行われるトランザクションでは、複数の暗号通貨、トークンを1つのトランザクションとして、同時に送受信することができる。
  • Emblemウォレットの作成は容易である。

COVALの概要

 COVAL Platformは、「オフチェーン」方式による価値の移動を第一義として開発されています。
 つまり、他のパブリック、プライベートブロックチェーン(COVAL自体をも含む)による通常の暗号通貨とトークンは、トラストレスな(※1)P2Pモデルを用いて、柔軟かつ安全に取引できる分散型台帳(COVALサイドチェーン)によるCOVALネットワークに入ります。トランザクションは、個々のトークンとEmblemと呼ばれるサイドチェーン資産で表される「ウォレット」(トークンのコンテナ)の両方で構成されます。Emblem Vaultは、このコンセプトのための専用プロジェクトで、モバイル/デスクトップ/ Webアプリケーションの形で、目下開発中です。
Emblem Vaultについては、emblemvault.comを参照してください。

※1 通常訳では「信頼できない」ですが、ここでは管理者の居ない、誰でもノードに参加可能なネットワークの意(つまり、悪意を持ったノードが参加可能という意味での「信頼できない」)。

emblemの定義

より大きな全体を表すもの。
言い換えれば、「トークン」です。

 Emblemsには、複数のタイプと量のトークンを単独の送信可能な資産にまとめることができます。また、他の形式の価値を表す任意のデータやファイルを含めることができます。

 このオフチェーンネットワークは、COVAL Platform上に構築されたアプリケーションやサービスを対象としており、パーミッションド・ブロックチェーンネットワークに分類されます。このプラットフォームは、相互運用性機能をユーザに提供するために他のネットワークにアクセスすることができますが、COVALネットワーク内のノードやユーザとの間のトランザクションを優先して利用し、LAW Protocolを遵守します。

 COVAL PlatformおよびLAW Protocolには、以下の一般的なコンポーネントが含まれます。

  • 分散型台帳環境(DLE)
  • セキュアなCOVAL APIエンドポイントとP2Pシークレットシェアリング(DAT Protocol)
  • HDウォレット作成サービス
  • マルチファクタ認証/承認(MFA)
  • エンブレム(モバイル、デスクトップ、ウェブ)などのアプリを実行するユーザーデバイス

COVALサイドチェーン

 COVAL Platformは、ブロックチェーン台帳のネットワークを使用します。COVAL PlatformはBitcoinブロックチェーン(Counterparty Platform)上の暗号通貨に基づいていますが、コアプラットフォームの機能とサービスの統合を可能にする意図を持つ台帳を利用しているため、これらの元帳をサイドチェーンと呼びます。

 すべてのCOVALサイドチェーンは互いに相互運用し、ここに記載されている継続中のワークを含むさまざまな方法を使用して、他のパブリックおよびプライベートブロックチェーンネットワークともやりとりすることができます。

 これらのブロックチェーンノードは、他の緊密に統合されているサービスを実行する分散型台帳環境を構成します。

 COVALサイドチェーンの各タイプの目的を理解するには、ドメインネームの記述が助けとなります。

 

 

LAWノードランナー

 COVALネットワークモデルには、ノードを実行するインセンティブも含まれています。 
 最も重要でコアなノードのタイプは、LAWサイドチェーンです。ここでは、フィーとインセンティブモデルが導入されます。一定割合のフィーはすべてのLAWノードランナーに供与されます。

LAWプロトコル(台帳にアサイン済みのウォレット)

 LAW Protocolは、ウォレットをユーザーのために割り当て、ウォレットをOwnedまたはUnownedとして規定するログに利用される分散型台帳ネットワーク(COVAL Sidechains)のオフチェーンウォレットのアサイントランザクションです。このシンプルなコンセプトは、安全で信頼できるウォレット送受信システムの基盤であり、COVALプラットフォームの中核を成しています。詳しくは、LAWプロトコルのセクションを参照してください。

 

ベネフィット

 COVALプラットフォームは、ユーザーへのウォレットの割り当て(※2)を容易にすることによって、価値の移動を可能にします。ウォレットのコンテンツ(※3)は、他のユーザーに、より効果的に送信できる別のユーザーに効果的に送信されます。マルチファクタ認証/承認は、このuser-to-userシステムで活用され、単独のエンティティまたはユーザーは、これらの送信可能なウォレット内の資金へのフルコントロールおよびアクセス権を持ちません。COVALプラットフォームのメリットは次のとおりです。

  • 高速トランザクション
  • ブロックチェーンマイニングフィーがないこと
  • 暗号化されたオフチェーンP2Pトランザクションによるプライバシー
  • 1つのトランザクションで複数のタイプと金額の資産とトークンを転送することができること
  • トラストレス(※1)モデルを使用すること
  • COVALプロダクトとサービスを効率的に機能させること

※2 アサインのこと
※3 内容された通貨等のことと思われます。

公式サイト原文リンク