COVAL公式サイト和訳⑭Emblem Vaultとは?

 日本語による情報の少ないCOVALの公式サイトを日本語訳(意訳含む)していくことによって情報を抽出していこうと思います。個人の理解なので、誤訳等あるかと思いますので、よければご指摘ください。第十四回目は、mediumのemblem Vault isからです。

本記事の要点

  • Emblemは、パソコンに保存できるようなすべての種類のデジタルアセットを一つのコンテナとして送受信できる。
  • COVALは、Emblem Fuelをディスカウント価格で購入する際に必要となる。
  • Emblem Fuelは、Emblemブロックチェーンにおけるマイニング及びCOVALステーキングプログラムによって手に入る。

Emblem Vault とは?

 このプラットフォームは、私たちがいつも利用しているシステムとブロックチェーン、暗号通貨を簡単に統合することができるものです。 AI、チャットボット、機械学習、そしてブロックチェーンは、世界を変えつつあるのです。

 伝統的なシステムは、ブロックチェーン上にビルドし統合することが困難であったり、不可能であったりすることがよくあります。 この問題は、 Emblemプラットフォームでは解決されるのです。

 あなたは、あなたのすべてのユーザーのためにウォレットを作成し、それぞれのビジネスの必要性に応じて支払いを分配し、請求するだけでよいのです。

 Dockerに詳しい人にとっては、類似性を感じるかもしれません(※以下の段落内はdockerの説明なので本筋から外れています。あまり読む必要性も理解する必要もないです)。Dockerによって、コンピューティング環境(Webサーバーやソフトウェアツールなどのアプリケーションを実行するためにOSで必要なものすべて)の作成、それらの有効化、共有、複製などが容易になりました。環境とアプリケーションのコンテナー化によって、クラウドとして現在知られているものへの道が開かれたのです。たとえば、あなたがnodeJsアプリケーションをホストしたいのであれば、3行のdockerfileを書いてホスティングプロバイダにそのファイルを送るだけで、あなたのアプリケーションと完全な環境の正確なレプリカを作成できるのです。

 Emblem Vaultもそれと同様のものと考えることができます。つまり、デジタルものの「コンテナ」です。ボールト(コンテナ)を作成し、それにいくつかのファイルと暗号通貨を入れて、誰にでも送れます。いわゆる「クラウド」を例にとると、どのような(2つの)システム同士の場合においても、ほぼ無制限のデジタル資産タイプの組み合わせの作成、送信、および受信を処理するために、単一の統合を行うだけで済みます。このことから想像されるユースケースはたくさんあるでしょう。

公式サイト原文リンク