COVAL公式サイト和訳⑪RELATED TECH

 日本語による情報の少ないCOVALの公式サイトを日本語訳(意訳含む)していくことによって情報を抽出していこうと思います。個人の理解なので、誤訳等あるかと思いますので、よければご指摘ください。第十一回目は、COVALに採用される関連技術を紹介するRELATED TECHです。

本記事の要点

  • COVALはCounterparty Protocolをはじめとする、関連技術を下地として利用する。

DATプロトコル

ファイルアーカイブ転送

 DATは新しいP2Pハイパーメディアプロトコルです。それは、オンデマンドで閲覧でき、安全に同期することができる、公開鍵とSHA256でアドレス指定されるファイルアーカイブを提供します。DATはストリーミングアップデートと一部のオンデマンドレプリケーションをサポートしており、バージョン管理されたURLと効率的な圧縮の計画を持っています。

  • Fast Archivesは複数のソースから一度に同期します。
  • セキュアなアップデートは、署名され、暗号化され、一様に配布されるように強制されます。
  • Resilient Archivesは、URLを変更せずにホストを変更できます。
  • 変更された履歴は、追加専用ログに書き込まれます。
  • 分散型の任意のデバイスは、任意のアーカイブをホストできます。
  • DATは、the Knight and Sloan Foundationsの助成金によって支えられています。DATプロジェクトで詳しく学んでください。

詳細は

datprotocol.com

マルチチェーン

ビットコインプロトコルを拡張するマルチチェーン

 Multichainは、COVALが私たちのサイドチェーン台帳の目的のために使用するブロックチェーンプラットフォームです。

ビットコイン互換

 マルチシグネチャの完全サポートを含み、ビットコインプロトコル、フォーマット、およびAPIを拡張します。

パーミッション管理

 トランザクションの接続、送受信や、アセット、ストリーム、ブロックの作成を動的に制御します。各ブロックチェーンは、必要に応じてオープンまたはクローズされます。

迅速な展開

 新しいブロックチェーンを作成する2つの簡単なステップと、既存のブロックチェーンに接続する3つのステップとなる。クロスチェインアプリケーションでは、サーバーごとに無制限のブロックチェーンを展開します。

無制限の資産

 ブロックチェーン上の数多くのアセットを発行し、ネットワークレベルですべて追跡して検証します。安全なマルチアセットおよびマルチパーティのアトミック取引を実現します。

データストリーム

 ブロックチェーン上に複数のキーバリュー、時系列、またはIDデータベースを作成する。データ共有、タイムスタンプ、暗号化されたアーカイブに最適です。

詳細は

multichain.com

 

Kadena

パブリックおよびプライベートブロックチェーンテクノロジー

 私たちは、Kadenaの技術ソリューションをCoval Platformスタックの最終的な部分とみなしました。チームとの会談は、両方のプロジェクトがまだ若い時期だった2017年初頭に開始されました。COVALとEmblemの進捗とともに、私たちは、エンタープライズまたは拡張されたパブリックネットワークの展開戦略(スマートコントラクトのための必要性を含む)に焦点を当て始め、Kadenaを検討します。

kadena.io

チェーンウェブ

 Chainwebは、Proof-of-Workに効率をもたらす大規模並列プロトコルです。ハッシュの難易度だけでなく、スループットとプロビジョニングにもマイニングフィーが支払われます。

Pactの中のスマートコントラクト

 Pactでは、安全でトラストレスな「Oracleプロセス」によって、エスクローやクロスチェーン転送が簡単に記述できます。

より速いスループットとレイテンシ

 Chainwebの信じられないほどの攻撃耐性は、より速いマイニングや分散化を促し、confirmation時間を1分未満に短縮します。

リソース

NuCypher

分散型システムのために再暗号化されたプロキシ

 COVALチームはNuCypherと協議する中で、潜在的なメリットとテクノロジモデルのオーバーラップ(トラストレスな再暗号化)がある、プロジェクトのコラボレーション方法を発見しました。

 詳細については、nucypher.comを参照してください。

カウンターパーティプロトコル

ビットコインのメタレイヤーとしてのカウンターパーティ

詳細は

counterparty.io

公式サイト原文リンク