COVAL公式サイト和訳⑫Position Paper

 日本語による情報の少ないCOVALの公式サイトを日本語訳(意訳含む)していくことによって情報を抽出していこうと思います。個人の理解なので、誤訳等あるかと思いますので、よければご指摘ください。第十二回目は、COVALチームの主義主張をまとめたPosition Paperです。

本記事の要点

  • COVALは種類の増え続けるトークンや暗号通貨を管理するための手段を提供する
  • COVALはオフチェーン方式によって価値あるソリューションを提供する手段である
  • COVALは複数の種類と量の暗号トークンをパッケージとしてまとめて送受信するという概念をブロックチェーン空間に導入する

方針説明書

 COVALチームは、ますます種類が増え続ける暗号トークン、デジタルアセット、暗号通貨を管理するために、更にフレキシビリティが必要と考えています。ほとんどのウォレットアプリケーションは、複数の暗号トークンや暗号通貨をサポートするものであっても、ユーザーがこれらのアセットを整理して移動することには制限があります。私たちは、ブロックチェーンやトークンが新たに誕生するテクノロジーに適合し続けるためには、高度な機能が必要となると見ています。これは簡単な挑戦ではありません(Shapeshiftに尋ねてみてください!)。何十年も実験された、暗号化され、アルゴリズム化された機能と、固有の「オンチェーン」のユーザーが必要とし、求め、使う機能であるセキュリティや純粋さをと同じレベルで提供することは、普通の人々を留める摩擦やトレードオフを加えることなしには完全には実現可能ではありません。そのため、UXの設計とパフォーマンスの問題を解決するために、補助としてオフチェーンソリューションを利用します。もちろん、これは独自のトレードオフですが、これらの問題に関係し、大量のユースケースやトランザクションのタイプがあるために、オフチェーンシステムによって運用されることを受け入れることを考えさせられるだろうと考えています。

 COVALプラットフォームは、既知のトラストモデルや、データ伝送チャネルが暗号化された分散型台帳、コンセンサスアルゴリズムやエンドツーエンドP2Pのような新しい機能を混在した「銀行レベルのセキュリティ」を提供できる設計パターンを活用して、オフチェーンレイヤーとオンチェーンレイヤーを橋渡しするように設計されています。さまざまなテクノロジーの利点を活用し、そのことが、その利点を体験できる効率をもたらし、安全なシステムとすることとなる実用的な戦略にフォーカスを当てています。このアプローチはまた、よりフレキシブルであるため、私たちや他の開発者は、本来あまりにも多くの摩擦点で妨害されていたであろうCOVALプラットフォームでプロジェクトを構築することができます。

 私たちがブロックチェーン空間に導入することを提案する最も重要な新機能の1つは、複数の種類と量の暗号トークンをパッケージとして送受信するという概念です。ZIPファイルには、単一のコンテナ内に多数のタイプのファイルを内容し、送信できる明白な利点があるのと同様に、暗号トークンのコンテナも同じように使用できます。COVALプラットフォームとEmblemというアプリの形での実装は、この機能をフロントとセンターに提供することを目指しています。これを容易にするために、私たちは新しいブロックチェーンプロトコルを作成しました。このLAWプロトコル(Ledger Assigned Wallet)は、COVALプラットフォームとEmblemアプリケーションの核となるでしょう。このプロトコルは、分散型のコンセンサス台帳を利用して、デジタルアセットの移動可能な「バスケット」を管理する概念を規定しています。

 私たちは、既にCOVALプラットフォームを利用するアドバンテージを想定できる複数のプロジェクトコンセプトを持っており、他のプロジェクト開発者もCOVALの価値を認識することができると確信しています。すべてのケースに当てはまるわけではありませんが、この暗号通貨業界が発展するにつれてますますユースケースが出現しており、COVALプラットフォームがどのように役立つのかを想像するのは難しくありません。

 また、COVALには積極的に取引されている独自の暗号通貨があるため、COVALプラットフォームにさまざまな経済モデルを適用することができます。ネットワークトークンモデルは、セキュリティの堅牢性を高めるインセンティブを提供し、プラットフォームの不正使用(スパム対策)を回避し、プラットフォームやネットワーク上で実行されるサービスの収益を増やします。COVALプラットフォームを構築する私たちの努力は、COVALという暗号通貨の有効性と有用性に影響を与えます。COVALは、ビジネスとして、COVAL Platformとサイドチェーンネットワークの新機能を活用して、既存のシステムや経済に独自の通貨、トークン、デジタルアセットを追加することでプロジェクトソリューションやビジネスソリューションを提供するサービスモデルとして概念化された通貨です。それがビデオゲームであれ、ユーティリティアプリであれ、ソーシャルネットワークであれ、サービスであれ、コミュニティのために局地化された通貨であれ、COVALは価値あるソリューションになるでしょう。

公式サイト原文リンク